News
スキンケアをする女性

赤ちゃんのようなシミのない美しく白い肌に憧れて、美白ケアに力を入れている女性は多いと思います。
そこでお薦めなのがハイドロキノンです。
美白に効果があると言われていて、1番に思いつきやすいのはビタミンCですが、ハイドロキノンにはビタミンCの10倍から100倍の効果があると言われているのです。
ビタミンCはできてしまったシミに対して効果を発揮するとされますが、ハイドロキノンはメラニンを作る細胞そのものの生成を抑えるので、すでにできてしまったシミだけでなくこれからシミができるのを予防する効果もあります。
その強い美白効果から、肌の漂白剤とまで言われています。
以前は医師の処方の元でしか使用する事が出来ませんでしたが、2001年の薬事法の規制緩和により、一般の化粧品等にも使用する事ができるようになりました。
そのため日本ではハイドロキノンの知名度はあまり高くなかったですが、海外ではシミの治療と言えばハイドロキノンというのが一般的なぐらい当たり前に使用されてきました。
日本でも最近はとても注目されるようになり、耳にする機会も増えてきたと思います。
美白効果が高い反面刺激が強くピリピリと感じたり、肌が赤くなったりする方もいます。
そしてハイドロキノンを使用している間は紫外線対策にも気を付けなければいけなかったりと、使用に際しては使用上の注意点をよく守る必要があります。
美白化粧品で白斑等の問題もありましたが、病院等では人によっては7%ぐらいまでは配合される事もあるのに対して、一般に売られている化粧品に配合させているのは、2%から4%程度なので、使用上の注意を正しく守っていればそれほど心配する必要はないと思います。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ