• ホーム
  • 美白といえば肌のターンオーバー

美白といえば肌のターンオーバー

鏡を見て、肌に落ち込む女性

美白といえば日焼け止めによる紫外線対策や、美白化粧品によるスキンケアというイメージを、もたれる方が多いのではないでしょうか。
確かにシミの原因となるメラニン色素は、紫外線を浴びる事で発生します。
ですので日焼け止めで紫外線のダメージから肌をガードしたり、美白化粧品によってメラニン色素の生成を、抑制するケアは決して間違ってはいません。
しかし、美白対策として重要なのは、肌のターンオーバーと言われています。
人間の皮膚には新しい細胞が作られる機能が備わっています。
基底層という肌の1番奥にある層から順に、新しく作られた肌細胞がどんどん、皮膚表面へと上がってくる事で、古い肌細胞は垢として排出されるのですが、このサイクルの事をターンオーバーと言うのです。
通常、健康な肌だとターンオーバーは、約28日の周期で繰り返されます。
しかし、ストレスや食生活の悪化、睡眠不足や加齢、間違ったスキンケアなどによって、この周期が乱れるケースがあるのです。
すると、古い細胞がどんどん溜まってしまう事になります。
古い細胞、角質はグレーがかった色をしているので、ターンオーバーが乱れると何となく、顔がくすんでみえるようになります。
また、シミの元となるメラニン色素も、ターンオーバーによって排出されているのを、ご存じでしょうか。
肌細胞に沈着したメラニン色素を、ターンオーバーによって排出する事で、シミを予防しているのです。
もし、ターンオーバーの働きが不十分だとメラニン色素が沈着した肌細胞が溜まり、やがてシミとなって現れるようになります。
日焼け止め・美白化粧品によるケアだけでなく、ターンオーバーを促進させる事も、美白ケアには大切です。
肌のターンオーバーを促進させる効果がある成分としてトレチノインがあげられます。
トレチノイン配合の商品は様々ありますが、個人的におすすめなのがレインAクリームです。
1日1回寝る前に使うだけでお手軽にターンオーバーを促進してくれるので、通販サイトでレチンAクリームを購入してみましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ